Navigation Architecture Componentを試しあ

Google I/O 2018でNavigation Architecture Componentが追加されてからずっと気になっており、そろそろ試さねばと思って実装してみた。

シングルActivity+多Fragmentの遷移を作っていく。

環境

Android Studio 3.2 Beta 5
Build #AI-181.5281.24.32.4913314, built on July 26, 2018
JRE: 1.8.0_152-release-1136-b04 x86_64
JVM: OpenJDK 64-Bit Server VM by JetBrains s.r.o
macOS 10.12.6

compileSdkVersion 28

kotlin_version = '1.2.51'

Navigation導入

お手本にしたのはAndroid Developers

safeArgsの導入

classpath "android.arch.navigation:navigation-safe-args-gradle-plugin:1.0.0-alpha04"

Navigationの導入

apply plugin: "androidx.navigation.safeargs"

    def nav_version = "1.0.0-alpha04"
    implementation "android.arch.navigation:navigation-fragment:$nav_version" // use -ktx for Kotlin
    implementation "android.arch.navigation:navigation-ui:$nav_version" // use -ktx for Kotlin

AndroidXだとビルドエラーになるのでgradle.protertiesに以下を追加

android.enableJetifier=true
android.useAndroidX=true

メモ githubのコミットログ

resにNavigationファイルを作成

ここから本番

Android Developersによると以下の方法で説明されていた。

  • プロジェクトウィンドウで、resディレクトリを右クリックし、New > Android Resource File を選択します。
  • File nameに「nav_graph」などの名前を入力します。(名前は何でもいい)
  • Resource typeドロップダウンリストからNavigationを選択します。
  • OKをクリックします

スクショ撮ってきた

プロジェクトウィンドウのresディレクトリを右クリックし、New > Android Resource File を選択

File nameにnav_graphを入力、Resource typeにNavigationを選択

nav_graph.xmlが作成された

Fragmentを作成

Fragmentは自分で作る必要がある

今回はプロジェクトウィンドウからNew > Fragment > Fragment(Brank)で2〜3個ほどFragmentを作った - FirstFragment - SecondFragment - ItemFragment(リスト)

Navigationエディタで遷移を操作

さきほど作成したnav_graph.xmlを選択して下部のDesignタブを選択すると、Graphエディタなるものが使える

スクショ(遷移作成済み)

あとはここにFragmentを追加し、遷移先のFragmentを選ぶだけ。

xmlは一切書かずにエディタをポチポチすると、nav_graf.xmlには自動でタグが作成されていた

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<navigation xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:id="@+id/nav_graph"
    app:startDestination="@id/firstFragment">

    <fragment
        android:id="@+id/firstFragment"
        android:name="com.ikemura.android_kotlin_lab.FirstFragment"
        android:label="fragment_first"
        tools:layout="@layout/fragment_first">
        <action
            android:id="@+id/action_firstFragment_to_secondFragment"
            app:destination="@id/secondFragment" />
    </fragment>
    <fragment
        android:id="@+id/secondFragment"
        android:name="com.ikemura.android_kotlin_lab.SecondFragment"
        android:label="fragment_second"
        tools:layout="@layout/fragment_second">
        <action
            android:id="@+id/action_secondFragment_to_itemFragment"
            app:destination="@id/itemFragment" />
    </fragment>
    <fragment
        android:id="@+id/itemFragment"
        android:name="com.ikemura.android_kotlin_lab.ItemFragment"
        android:label="fragment_item_list"
        tools:layout="@layout/fragment_item_list" />
</navigation>

注意点

Navigation Editorを使うには設定が必要らしい

公式から引用

Note: The Navigation Editor is enabled by default only on Canary builds of Android Studio. To enable the Navigation Editor on Beta, Release Candidate, or Stable builds, click File > Settings (Android Studio > Preferences on Mac), select the Experimental category in the left pane, check Enable Navigation Editor, and then restart Android Studio.
  • Navigation EditerはCanary buildsでのみ有効(ベータ版も含まれる)
  • File > Settings (Android Studio > Preferences on Mac) > Experimental > Navigation Editorのチェックを有効にする
  • Android Studioを再起動

遷移コードをFragmentに実装

まずはボタン押下で FirstFragment => SecondFragment の遷移

公式で一番最初に紹介されてたパターン

    override fun onCreateView(inflater: LayoutInflater, container: ViewGroup?,
                              savedInstanceState: Bundle?): View? {
        val view = inflater.inflate(R.layout.fragment_first, container, false)
        //ボタンクリック
        view.findViewById<Button>(R.id.fist_navigate_button).setOnClickListener {
             //SecondFragmentへの遷移開始
            Navigation.findNavController(it).navigate(R.id.secondFragment)
        }
        return view

これでSecondFragmentに遷移できるようになった

次に SecondFragment => ItemFragment の遷移

ここでは上と違う書き方で遷移コードを書いてみる

Navigationクラスの便利メソッドがあるらしいので、そちらを使ったパターン

        second_navigate_button.setOnClickListener(
                //遷移開始
                Navigation.createNavigateOnClickListener(R.id.itemFragment, null)
        )

nullとなってる箇所にはBundleをセットできるらしい

バックキーで戻る遷移

Activityにこのコードを追加するだけで、端末バックキーで簡単に前にFragmentに戻れる

    override fun onSupportNavigateUp() = findNavController(this, R.id.my_nav_host_fragment).navigateUp()

これだけでシングルActivity+多Fragmentの遷移ができた

感想

ほとんどコードを書かずにFragment間を簡単に遷移できるのは素直にすごいと思った。

遷移する際にパラメータやアニメーションも指定できそうなので、シングルActivity+多Fragmentの作成が捗りそう。

Activity間の遷移にはあまり使い物にならない、とよく見るので、主にFragment間だけで使えそう。

DialogFragmentにも使えるんだろうか?Dialogは普通にコードで表示するんだろうか? あとで調べてみよう。

今回使ったコードはこちら banbara23/Android-Kotlin-Lab at Navigation https://github.com/banbara23/Android-Kotlin-Lab/tree/Navigation

SafeArgsも使ったけど長くなるので別記事にする。

参考リンク