読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラズパイでUSBカメラから撮影した画像をSlackに投稿

Raspberry Pi Slack

装着

こいつを買った。

LOGICOOL C270

まずはラズパイにUSBカメラを指してlsusb

pi@raspberrypi:~ $ lsusb
Bus 001 Device 005: ID 174c:5106 ASMedia Technology Inc. Transcend StoreJet 25M3
Bus 001 Device 004: ID 046d:0825 Logitech, Inc. Webcam C270
Bus 001 Device 003: ID 0424:ec00 Standard Microsystems Corp. SMSC9512/9514 Fast Ethernet Adapter
Bus 001 Device 002: ID 0424:9514 Standard Microsystems Corp.
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub

Bus 001 Device 004: ID 046d:0825 Logitech, Inc. Webcam C270
これがUSBカメラのようだ

認識OK

カメラ動作確認

fswebcamインストール

fswebcamとはwebカメラで撮影してファイル保存するコマンドらしい

aptでインストール

sudo apt-get install fswebcam

撮影実行

fswebcam image.jpg

デフォルトだと画像が小さくバナーが下部に出るのでオプションを付ける

fswebcam -r 1280x720 --no-banner image.jpg

fehインストール

撮ったはいいが、CLIで表示できないので、fehをインストールする。
fehとは昔から有名な軽量の画像ビューワらしい

fehインストール

sudo apt-get install feh

表示するには

feh image.jpg

使用していると

feh ERROR: Can't open X display. It *is* running, yeah?

とエラーがでて画像が表示されなくなった。
ctrl + Dでログアウトすると直ったが、よく分からん。
fim というビューワーをオススメしているサイトも見た。

Slackに投稿

homeからPictures/image.jpg をtestチャンネルにアップロードする

curl -F file=@Pictures/image.jpg -F channels=test -F token=xxxx-xxxxxxx-xxxxxxxxxxx-xxxxx https://slack.com/api/files.upload

無事に投稿できたー